インフラエンジニア(サーバーエンジニア・ネットワークエンジニア)におすすめの転職エージェント

ITエンジニアの求人を扱っている転職エージェントは色々あるけど、インフラエンジニアに強い転職エージェントってどこ?って思っていませんか?

このページでは、転職エージェント各社が取り扱っているインフラエンジニアの求人数を集計し、おすすめの転職エージェントを解説しています。

当サイト編集担当当サイト編集担当

このページでは、サーバーエンジニアネットワークエンジニアについて、解説しています。
セキュリティエンジニアデータベースエンジニアの転職におすすめの転職エージェントは ↓ をご覧ください。

  • セキュリティエンジニアはこちら
  • データベースエンジニアはこちら

今すぐ、サーバーエンジニア・ネットワークエンジニアの転職におすすめの転職エージェントを知りたい方は、「11.おすすめの転職エージェント」にお進みください。

インフラエンジニアとは

インフラエンジニアとは

インフラエンジニアとは、企業の業務システムやインターネットシステムの基盤を担うサーバーやネットワークシステムの構築・運用を行うエンジニアの総称です。

インフラエンジニアには、下記のエンジニアが含まれます。

狭義
  • サーバーエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • クラウドエンジニア
広義
  • サーバーエンジニア(同上)
  • ネットワークエンジニア(同上)
  • クラウドエンジニア(同上)
  • セキュリティエンジニア
  • データベースエンジニア
当サイト編集担当当サイト編集担当

このページでは、狭義のインフラエンジニアについて、解説しています。
セキュリティエンジニアデータベースエンジニアの転職におすすめの転職エージェントは ↓ をご覧ください。

  • セキュリティエンジニアはこちら
  • データベースエンジニアはこちら

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアとは、ITシステムの基盤を担うサーバーの設計・構築から運用・保守を行うエンジニアです。

主な役割

  • サーバーの設置
  • OSやミドルウェアのインストール、及び環境設定
  • サーバーの監視やバックアップ など

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ITネットワークの基盤を担うネットワーク環境の設計・構築から運用・保守を行うエンジニアです。

主な役割

  • ネットワーク機器の設置、及び環境設定
  • 通信状況の監視 など

クラウドエンジニア

従来の企業システムでは、オンプレミス環境で運用していたため、サーバーエンジニアが企業の施設内にサーバーを構築していました。

しかし、近年の企業システムでは、オンプレミス環境からクラウド環境への移行が進み、クラウドエンジニアがクラウド環境にミドルウェアなどのインストールや環境設定を行います。

主な役割

  • クラウド環境にミドルウェアなどをインストール、及び環境設定
  • 正常に稼働しているか運用監視 など

インフラエンジニアとシステムエンジニア(SE)・プログラマーの違い

インフラエンジニアとシステムエンジニア(SE)・プログラマーの違い

インフラエンジニアは、システムエンジニア(SE)・プログラマーと同じITエンジニアですが、業務内容は異なります。

システムエンジニア(SE)、プログラマーは、主にプログラミングを行い、ソフトウェアやアプリケーションなどの開発を行います。

インフラエンジニアは、システムエンジニア(SE)・プログラマーが開発したソフトウェア、アプリケーションを動かすためのサーバーやネットワーク環境などのIT基盤を構築します。

システムエンジニア
プログラマー
  • ソフトウェアやアプリケーションの設計
  • ソフトウェアやアプリケーションの製造(プログラミング)
インフラエンジニア
  • サーバー・ネットワーク機器の選定
  • OS、ミドルウェアのインストール・環境設定
  • ネットワーク機器の導入・環境設定

インフラエンジニアの仕事の内容

インフラエンジニアの仕事の内容

インフラエンジニアの作業と言えば、サーバー構築やネットワーク機器の設定などのイメージが強いですが、他にも次期インフラの企画や提案、プロジェクト管理などがあります。

  1. インフラ導入に関する企画・提案
    • 現行インフラの課題や次期インフラの導入目的、予算、構築期間を顧客からヒアリング。
    • 顧客のニーズに適したサーバーやネットワーク機器を選定し、予算・構築スケジュールなどを企画書にまとめ、顧客に次期インフラを提案。
  2. プロジェクト計画・プロジェクト管理
    • サーバーやネットワーク機器の調達やインフラエンジニアの人員配置、作業計画などについて、より詳細なスケジュールを作成し、プロジェクト計画書にまとめる。
    • プロジェクト計画書通りに作業が進んでいるか、進捗管理を行う。
  3. インフラ設計(システム設計・ネットワーク設計)
    • 次期インフラの詳細仕様を取りまとめ、システム設計書やネットワーク設計書を作成する。
  4. インフラ構築(サーバ構築・ネットワーク構築)
    • システム設計書・ネットワーク設計書に従い、機器の発注、設置・組み立て、OS・ミドルウェアのインストールや環境設定を行う。
  5. インフラ運用・保守(システム運用・ネットワーク監視)
    • 導入したシステムやネットワーク機器が正常に稼働しているか監視する。
    • 障害発生や機器故障時には原因究明、復旧対応を行う。

インフラエンジニアの転職市場が活性

インフラエンジニアの転職市場が活性

現在の日本社会では、ITシステムを利用しない日はないほど、日常的にITシステムを利用しています。
そのITシステムの基盤を構築し、運用・管理しているのが、インフラエンジニアです。

  • スマホやタブレットなどのモバイル通信
  • Amazonや楽天などのECサイト
  • 各企業の基幹システムや業務システム
  • ネットバンクやオンライン証券などの金融システム
  • 電車の遅延などを管理する運行管理システム
  • マイナンバーカード
  • コンビニの電子マネー
  • リモートワーク・在宅勤務で使用する会議システム  など

近年では、あらゆる業種でDX、IoTが推進され、その基盤作りを担うインフラエンジニアの需要が高まっています。

また、鉄道や自動車の自動運転、スマート家電、無人コンビニ、スマートロックなど、今後もインフラエンジニアの需要は続くと考えられます。

インフラエンジニアに求められるスキル

インフラエンジニアに求められるスキル

インフラ技術の探究心

従来のインフラエンジニアの場合、サーバーやネットワーク環境の構築スキルが求められていました。

しかし近年、オンプレミス環境からクラウド環境への移行が進んでおり、クラウド基盤を活用したインフラ設計・構築ができるインフラエンジニアのニーズが急増しています。

また、インフラ構築自動化、DevOps、Infrastructure as Code(IaC)など、最新のインフラ技術に精通したエンジニアの需要が高くなっています。

コミュニケーション能力

インフラ構築を一人のインフラエンジニアが単独で行うことは少なく、大半のプロジェクトでは複数のインフラエンジニアがプロジェクトに配属され、チームでインフラ構築を行います。

そのため、他のインフラエンジニアと意思疎通をはかり、協力しながら業務を進める必要があります。

また、顧客と詳細な仕様を調整しながら、作業を進める必要があるため、インフラエンジニアには技術力だけでなく、コミュニケーション能力も必要不可欠です。

インフラエンジニアの年収

インフラエンジニアの年収

マイナビの調査によると、インフラエンジニアの年収は、およそ460万円となっています。

▼ インフラエンジニアの平均年収
サーバーエンジニア 465万円 (*1)
ネットワークエンジニア 455万円 (*2)
(参考)
システムエンジニア
プログラマー
443万円 (*3)
(参考)
日本人の平均年収
440万円 (*4)
当サイト編集担当当サイト編集担当

インフラエンジニアの業務は多岐にわたり、担当する工程により、年収は変わります。

次期インフラ基盤を企画したり、顧客に提案できるインフラエンジニアや、プロジェクトを計画したり、プロジェクト管理できるインフラエンジニアは高く評価され、高年収が期待できます。

逆に運用・保守しかできないインフラエンジニアの場合、年収は低くなる傾向にあります。

▼インフラエンジニアの平均年収のイメージ(低 → 高)

  1. 運用・保守
  2. 構築
  3. 設計
  4. 計画・管理
  5. 企画・提案

インフラエンジニアの転職に有利な資格

インフラエンジニアの転職に有利な資格

インフラエンジニアの場合、資格がなくても業務に従事できるため、資格取得は必須ではありません。
しかし、資格を持っていれば、スキルの証明になるので、転職活動を有利に進めることができます。

インフラエンジニアの転職が有利になる資格は下記の通りです。

IT未経験向け

ITパスポートとは
  • 国家試験(IPA:独立行政法人情報処理推進機構)
  • 年間通じて随時受験可能
  • ITに関する基礎的な知識を証明できる国家試験
おすすめポイント
ITパスポートは、ITエンジニアが業務を行う上で、最も基礎的な知識を問う国家試験です。
IT未経験からインフラエンジニアを目指す場合、サーバー構築やネットワーク構築など、専門的な資格取得より、まずはITパスポートの取得をオススメします。
いつでも誰でも受験できるので、ぜひチャレンジしてみて下さい。
基本情報技術者とは
  • 国家試験(IPA:独立行政法人情報処理推進機構)
  • ITパスポートの上位資格
  • 上期、下期に試験実施
  • ITエンジニアの登竜門としての資格試験
おすすめポイント
IT未経験の場合、合格は難しいですが、IT業界で働く上で必要な知識が問われる資格なので、転職前から勉強しておくことをオススメ。

IT経験者向け

応用情報技術者とは
  • 国家試験(IPA:独立行政法人情報処理推進機構)
  • 基本情報技術者の上位資格
  • 4月、10月に試験実施
  • 高度IT人材を目指すITエンジニア向けの資格試験
おすすめポイント
既にITエンジニアとして働いている若手エンジニアの場合、実務経験+応用情報技術者を取得しておくと、転職活動でアピールすることができます。

サーバーエンジニア向け

LinuC(Linux技術者認定試験)とは
  • ベンダー資格(LPI-Japan)
  • Linuxの構築・運用などに必要な技術を問う資格試験
  • Linuxは、国内シェアNo.1のサーバーOS
  • レベル1(Linuxサーバー構築の基礎)からレベル3(高度な技術を持つ専門家レベル)まであり、自分のレベルに合った試験を受験可能
おすすめポイント
サーバーOSとして、日本で最も普及しているLinuxのスキルが問われる資格試験です。
サーバーエンジニアを目指すエンジニアにとって、必須の資格試験です。
マイクロソフト認定資格(MCP:Microsoft Certifications Program)とは
  • ベンダー資格(マイクロソフト)
  • Windows製品(Windows Server含む)の運用・構築スキルを問う資格試験
  • Windows Serverは、国内シェアNo.2のサーバーOS
  • 製品別や役割(ロール)別、レベル別など、さまざまな種類の認定資格があるので、自分のキャリアに合わせて受験可能
おすすめポイント
サーバーOSとして、Linuxとシェアを二分するWindows Serverのスキルが問われる資格試験です。
Linux + Windows 両方の資格を持っていると、サーバーエンジニアとして高く評価されます。

ネットワークエンジニア向け

ネットワークスペシャリスト試験とは
  • 国家試験(IPA:独立行政法人情報処理推進機構)
  • 応用情報技術者の上位資格
  • 4月に試験実施
  • 高度IT人材として高度な専門知識を持つネットワーク専門家向けの資格試験
おすすめポイント
特定のネットワークベンダーに依存していないので、汎用的なネットワーク構築技術が習得できます。
ネットワークエンジニアを目指すエンジニアには、必須の資格試験です。
シスコ技術者認定とは
  • ベンダー資格(シスコシステムズ)
  • ネットワーク機器シェアNo.1のシスコシステムズ社が実施しているネットワークエンジニア向けの認定資格
  • エントリーレベルからエキスパートレベルまで、自分の技術レベルに合わせた受験が可能
おすすめポイント
シスコシステムズ社は、世界シェアNo.1(日本でもNo.1)のネットワーク機器メーカーです。
ネットワークスペシャリスト試験と合わせて、シスコ技術者認定を取得すると、ネットワークエンジニアとして高く評価されます。

クラウドエンジニア向け

AWS認定とは
  • ベンダー資格(アマゾン)
  • アマゾンが提供するクラウドサービス(AWS:Amazon Web Service)に特化した認定資格
  • クラウドインフラのシェアNo.1
  • 基礎レベル、アソシエイトレベル、プロフェッショナルレベル、専門レベルという4つのレベルがあり、全12種類の資格試験がある
おすすめポイント
近年の企業システムは、オンプレミス環境からクラウド環境に移行しており、クラウド技術に精通したエンジニアが求められています。

アマゾンが提供するAWS資格以外にも、マイクロソフトが提供するMicrosoft Azure認定資格、Googleが提供するGoogle Cloud認定資格などがあり、これらのクラウド資格を取得していると、インフラエンジニアとして高く評価されます。

インフラエンジニアのキャリアパス

インフラエンジニアのキャリアパス

インフラエンジニアを極める

顧客にシステムを提案できるインフラエンジニア(コンサルタント)

顧客から現行インフラの課題や次期インフラの構想や予算、スケジュールなどをヒアリングし、次期インフラの機器選定やシステム構成を検討し、企画書・提案書に取りまとめ、顧客に提案するインフラエンジニア。

プロジェクト管理できるインフラエンジニア(プロジェクトマネージャー)

次期インフラ構築を受注後、プロジェクト計画を策定し、プロジェクトメンバーを統率して、プロジェクトを管理・運営するインフラエンジニア。

高度な最新技術に精通したインフラエンジニア(スペシャリスト)

コンテナ仮想化、自動化・RPA、DevOps、Infrastructure as Code(IaC)など、最新のインフラ技術に精通したインフラエンジニア。

別のITエンジニアにキャリアチェンジする

ITエンジニアから異職種に転職する場合、今までの経験・スキルを活かせる職種をオススメします。
例)IT営業、ITコンサルタント(インフラ系)、プリセールス・セールスエンジニア、社内SE など

一般企業の情報システム部門(社内SE)がおすすめ

企業で稼働している基幹システム・業務システムの機能要件は、人事部や経理部などの管理業務部門や営業部などの事業部門が策定します。

しかし、システムの基盤を担う非機能要件を策定し、運用・管理できる人材は一般企業には少なく、一般企業でもインフラ基盤に精通したインフラエンジニアが求められています。

IT未経験からインフラエンジニアに転職

IT未経験からインフラエンジニアに転職

上記(インフラエンジニアの仕事の内容)の通り、インフラエンジニアの業務は、企画・提案から運用・保守まで多岐に渡りますが、IT未経験の場合、多くの場合はまず既に稼働している基盤システムやネットワーク環境の運用・保守を担当します。

システムごとに運用マニュアルや保守マニュアルが用意されており、そのマニュアルに従い、日々の運用・保守業務を行いながら、インフラの設計・構築スキルなど、インフラエンジニアに必要なスキルを習得していきます。

インフラエンジニアの場合、他のITエンジニア(システムエンジニアやプログラマーなど)とは異なり、高いプログラミングスキルは必要ありません。

インフラエンジニアの主な業務は、サーバーやネットワーク機器の設置・導入・運用なので、プログラマーのように日常的にプログラミングする事はありません。
そのため、IT未経験でプログラミングに不安がある方でも、ITエンジニアの第一歩として踏み出しやすい職種です。

当サイト編集担当当サイト編集担当

もちろん、インフラエンジニアでも、プログラミングができるに越したことはなく、プログラミングできるインフラエンジニアは希少価値があり、高く評価されます。

そのため、プログラミングできるインフラエンジニアは第一線で活躍することも可能ですし、インフラエンジニアからプログラマーやWeb系エンジニアにキャリアチェンジすることもできます。

IT未経験からITエンジニアを目指す場合、一番大事なのは、第一歩を踏み出せるかどうかです。

  • 第一歩を踏み出さなければ、ITエンジニアになることはできません。
  • 第一歩を踏み出すだけで、ITエンジニアになれます。

転職エージェントを利用することにより、IT未経験者を積極的に採用している企業や、研修制度が充実している企業など、IT未経験者が働きやすい企業を紹介してくれます。

  • 専門職となり、手に職を付けたい。
  • IT業界に興味があり、IT業界で働きたい。
  • 自分の実力次第で、高収入を得たい。

と考えている方は、インフラエンジニアへのチャレンジをおすすめします。

当サイト編集担当当サイト編集担当

IT未経験からインフラエンジニアへのチャレンジはおすすめ。
万が一、インフラエンジニアに転職したが、自分に合わなかったとしても、ITエンジニアとして2〜3年の実績があれば、事務職などへの再転職が有利になります。
一般企業の事務職への転職は難しいと言われていますが、ITスキルを持った人材のニーズは高く、転職市場では高く評価されています。

インフラエンジニアの転職を成功させるポイント

インフラエンジニアの転職を成功させるポイント

転職エージェントを利用する

有名企業の求人や高待遇の求人などを一般公開すると応募が殺到してしまいます。
そのため、転職エージェント各社では、それらの求人は一般に公開せず、非公開求人として扱っています。

インフラエンジニアの非公開求人数を開示しているリクルートエージェントの求人公開率は、46%
つまり、インフラエンジニアの求人のうち、半分しか公開されていません。
非公開求人には、好条件の求人が多数含まれていますので、非公開求人も含めて、応募企業を探すことをオススメします。

▼インフラエンジニアの求人公開率 ※2023年1月15日時点
転職エージェント インフラエンジニア
求人数
求人公開率
リクルートエージェント 公 開 : 18,648
非公開 : 21,764
合 計 ; 40,412
約46%

インフラエンジニアの求人を扱っている転職エージェントを利用する

すべての転職エージェントがインフラエンジニアの求人を扱っている訳ではありません。
すべての転職エージェントが47都道府県の求人を扱っている訳ではありません。

  • あなたが希望する職種(インフラエンジニア)
  • あなたが希望する勤務地(都道府県)

の求人を扱っている転職エージェントを利用して下さい。

転職の目的を本音で転職エージェントに伝える

あなたが転職する理由は何ですか?

  • 働く環境を変えたい
  • インフラエンジニアとして上流工程に携わりたい(キャリアアップ)
  • インフラエンジニアから別のITエンジニアに転職したい(キャリアチェンジ)
  • 今後のキャリアについて、どのような選択肢があるか、相談したい
  • 残業時間を減らして、ワークライフバランスを重視したい など

「こんなことを伝えたら、自分の評価が下がるかも」と思うようなことであっても、正確に伝えましょう。

転職エージェントは、企業の採用担当者ではありません。
転職エージェントに伝えた内容が、採用試験には影響することはありません。

転職の目的を本音で転職エージェントに伝えると、あなたの希望に沿った求人を紹介してくれます。

おすすめの転職エージェント

インフラエンジニアの転職におすすめの転職エージェント

下記の厳正な条件をクリアした転職エージェントのみ掲載しています。

条件1厚生労働省の職業紹介事業の認可を受けていること。
条件2インフラエンジニアの求人を扱っている転職エージェントであること。
条件3キャリアアドバイザー(*)が転職支援サポートを実施していること。(* 転職エージェントにより、「アドバイザー」「コンサルタント」など名称は異なります。)
条件4転職支援サポートは無料であること。
条件5プライバシーポリシー(個人情報保護方針)を策定していて、厳格な管理基準で個人情報を管理していること。

インフラエンジニア(ネットワークエンジニア・サーバーエンジニア)の求人を取り扱っていて、無料で利用できる転職エージェントのみ掲載しています。
転職エージェント選びにご利用ください。

転職エージェント名 特徴・おすすめポイント
総合型 リクルートエージェント
doda
LHH転職エージェント
IT特化型 Geekly
(ギークリー)
  • インフラエンジニアの求人数
    • 公開求人数  : 1,253件
    • 非公開求人数 : 非開示
  • 対応エリア
    • 関東 : 東京、神奈川、埼玉、千葉
    • 関西 : 大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山
  • 1万件以上の非公開求人を保有するIT特化型エージェント
  • 特徴・おすすめポイントの詳細はこちら
レバテックキャリア
  • インフラエンジニアの求人数
    • 公開求人数  : 2,396件
    • 非公開求人数 : 非開示
  • 対応エリア:主に関東、東海、関西、九州(福岡)
  • ITエンジニアが利用したい転職エージェント No.1
  • 特徴・おすすめポイントの詳細はこちら
TechClipsエージェント
(テッククリップス)
  • インフラエンジニアの求人数
    • 公開求人数  : 93件
    • 非公開求人数 : 非開示
  • 対応エリア:関東(東京、神奈川、埼玉、千葉)
  • 自社サービスを持つ事業会社求人に特化
  • 特徴・おすすめポイントの詳細はこちら
社内SE転職ナビ
  • インフラエンジニアの求人数
    • 公開求人数  : 56件
    • 非公開求人数 : 非開示
  • 対応エリア:主に関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)、関西(大阪・京都)
  • 自社勤務に特化したIT専門の転職エージェント
  • 特徴・おすすめポイントの詳細はこちら
メイテックネクスト
20代向け
総合型
マイナビジョブ20's
  • インフラエンジニアの求人数
    • 公開求人数  : 185件
    • 非公開求人数 : 非開示
  • 対応エリア:全国(主に東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、岐阜、三重、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀)
  • マイナビグループが運営する20代向け総合型エージェント
  • 特徴・おすすめポイントの詳細はこちら
2023年1月15日時点の転職エージェント各社の求人情報より求人数を集計しています。
当サイト編集担当当サイト編集担当

当サイトでは、インフラエンジニア(サーバーエンジニア・ネットワークエンジニア)の求人数を勤務地(都道府県)別にも集計しています。47都道府県に対応!

あなたが希望する勤務地(都道府県)でインフラエンジニア(サーバーエンジニア・ネットワークエンジニア)の求人を扱っている転職エージェントが分かります。

勤務地(都道府県)別の求人数はこちら↓
https://recommend-agent.com/it-all/2/#infrastructure-engineer

インフラエンジニア(サーバーエンジニア・ネットワークエンジニア)の転職の場合、5年後、10年後のキャリアパスを考えて、最新技術(クラウド、インフラ構築自動化、DevOps、セキュリティなど)に携われる求人を探すことをおススメします。

転職エージェントでは非公開求人を多数保有していたり、その転職エージェントでしか扱っていない独占求人を保有しています。

また、特化型エージェントは総合型より取り扱っている求人数は少ないですが、最新のIT技術動向に精通したキャリアアドバイザーが多く、インフラエンジニアのキャリアプランに最適な求人を紹介してくれます。

インフラエンジニアの転職を成功させるためには、より多くの求人情報の中から自分のキャリアプランに合った企業を見つけることが不可欠です。

このページでは、インフラエンジニアの求人を扱っている転職エージェントを厳選して解説していますので、転職活動にご利用ください。