IT転職におすすめの転職エージェント

ITエンジニア・SEの転職を考えているけれども、どの転職エージェントを使ったら良いか、難しくないですか?

このページでは、ITエンジニア・SEの求人数を勤務地別(都道府県ごと)に集計し、おすすめの転職エージェントを解説しています。
あなたが希望する勤務地のIT求人を扱っている転職エージェントがきっと見つかります。

ITエンジニア・SEにおすすめの転職エージェント

ITエンジニア・SEにおすすめの転職エージェント
当サイト編集担当当サイト編集担当

北海道から沖縄まで都道府県別に求人数を集計しています。
1〜8の中から、ご希望の地域(タブ)をクリック・タップしてください。

  • (1)
    北海道
    東北
  • (2)
    関東
     
  • (3)
    甲信越
    北陸
  • (4)
    東海
     
  • (5)
    関西
     
  • (6)
    中国
     
  • (7)
    四国
     
  • (8)
    九州
    沖縄

次ページでは、IT系20職種別におすすめの転職エージェントを解説しています。

おすすめの転職エージェントをIT系20職種別に解説

「ITエンジニア・SEの転職」と言っても、職種はさまざま。
次のページでは、ITエンジニアの求人を20のIT職種に細分化し、IT職種ごとのおすすめ転職エージェントも解説しています。

IT転職を成功させるポイント

IT転職を成功させるポイント

自分の市場価値を客観的に把握する

転職エージェントに登録すると、これまでの職務経歴やスキルを客観的に判断し、あなたの市場価値を分析してくれます。

自分の市場価値を知ることにより、自分の長所・短所を把握することができ、応募書類での自己PR面接でのアピールポイントを見つけやすくなります。

応募企業に合わせた試験対策を行う

ネット情報やマニュアル本を参考に応募書類を書いたり、面接対策を行っても、内定は難しい。

なぜなら、マニュアル通りの応募書類・面接だと、あなたの特徴や熱意が伝わらず、あなたがその企業にマッチした人材か判断できないため。

そのため、ITエンジニアの転職の場合、今までの職務経歴やスキルを応募企業にどうアピールするかが重要です。

  • 自分が得意とするスキルや技術をどのように活かして、プロジェクトにどのように貢献できるのか?
  • 転職後、どのようなキャリアプランでどのように成長したいのか?

転職を成功させるためには、応募企業が求めている人物像を理解し、役職・ポジションに応じて、アピールする必要があります。
転職後のキャリアプランなど、将来的なビジョンまでアピールできると、採用担当者はあなたを採用した場合のイメージがしやすくなるでしょう。

当サイト編集担当当サイト編集担当

転職エージェントでは、企業の採用担当者と連絡を取り、さまざまな情報を収集しています。
応募企業が求める人物像に合わせた書類対策・面接対策を行い、内定をゲットしましょう。

非公開求人・独占求人に応募する

ITエンジニアは特に資格がなくても就業でき、また専門職なので将来性も安定しているため、人気のある職業の一つ。
近年では、営業職や事務職からITエンジニアに転職する人が増えてきています。

そのため、求人を公開すると応募が殺到し、採用担当者は応募書類に目を通すだけで膨大な時間を要し、業務に支障が出てしまいます。

そこで求人を非公開にして、企業が求める人物像にマッチした求職者だけが転職エージェントを通じて応募できるようにしているのです。
取り扱い求人のうち、80%の求人を非公開にしている転職エージェントもあります。

当サイト編集担当当サイト編集担当
  • 応募が殺到している20%の公開求人の中から自分の転職先を探すか?
  • 非公開求人を含めたすべての求人の中から自分の転職先を探すか?

どっちの方が自分の合った転職先が見つかるか、答えは言うまでもないですよね。

採用結果のフィードバックをもらう

転職エージェントを通して求人に応募すると、採用結果のフィードバックを受けることができます。

  • なぜ不採用になったのか?
  • 自分のどこが評価され、どこが評価されなかったのか?

不採用になった原因が分かれば、次の採用試験に向けて、対策することができます。

当サイト編集担当当サイト編集担当

「経験・スキルは十分だが、熱意が感じられない、覇気がない」という理由で不採用になった場合、何の対策も打たなければ、何社受けても、すべて不採用になるでしょう。

「熱意が感じられない」「覇気がない」といった印象は、話し方を変えるだけで改善できます。
1社目で不採用の理由を確認し、面接の受け答えを改善すれば、2社目では内定が貰える可能性が高くなります。

最低3社以上の転職エージェントを利用する

1社の転職エージェントだと、キャリアアドバイザーから提示される市場価値やキャリアプランが正しいか、判断できません。
複数の転職エージェントを利用し、複数のキャリアアドバイザーから話を聞くことにより、正しい市場価値やキャリアプランを知ることができます。

当サイト編集担当当サイト編集担当

必ず複数のキャリアアドバイザーから意見を聞いて、自分でキャリアプラン・応募企業を決める。
自分の人生なので、最終的には自分で判断すること。

また、転職エージェント各社には、一般に公開していない非公開求人や、その転職エージェントでしか扱っていない独占求人があります。
複数の転職エージェントを利用し、それらの求人に応募することにより、選択できる企業の幅が広がります。

希望するIT職種の求人を扱っている転職エージェントを利用する

ITエンジニア・SEと言っても、IT職種は色々あります。

(1)IT営業・システム営業、(2)プリセールス・セールスエンジニア、(3)ITコンサルタント・システムコンサルタント、(4)ERP・システム導入コンサルタント・エンジニア、(5)ITアーキテクト、(6)プロジェクトマネージャー、(7)アプリケーションエンジニア、(8)インフラエンジニア(ネットワークエンジニア・サーバーエンジニア)、(9)データベースエンジニア、(10)テストエンジニア・QAエンジニア・品質管理、(11)汎用機系エンジニア、(12)IoT・組込・制御系エンジニア、(13)研究・製品開発、(14)先端技術・AI(人工知能)・データサイエンティスト、(15)社内SE、(16)Web系クリエイター・エンジニア、(17)ゲーム系クリエイター・エンジニア、(18)セキュリティコンサルタント・セキュリティエンジニア、(19)テクニカルサポート・ヘルプデスク・運用、(20)システム監査

大手の転職エージェントであっても、すべてのIT職種の求人を扱っている訳ではありません。
自分が希望するIT職種の求人を扱っている転職エージェントを利用するようにしましょう。

当サイト編集担当当サイト編集担当

「IT未経験のため、どのIT職種が自分に向いているのか、分からない」
「どのIT職種に転職するかも含めて、キャリアプランを転職エージェントに相談したい」

という方は、ITエンジニア・SEの求人が多い転職エージェントを選びましょう。

転職の目的・条件を本音で伝える

ITエンジニアの転職の理由は、人それぞれ。

  • 最新技術に携わりたい。
  • SIerからWeb系に転職したい。
  • プロジェクトを自分でマネジメントしたい。
  • IT営業やITコンサルタントにキャリアチェンジしたい。
  • やっぱり社内SEが良い。
  • 客先常駐でなく、自社勤務したい。
  • ワークライフバランスを重視したい。
  • ホワイト(離職率が低い会社)に転職したい。
  • IT未経験だから、教育制度が充実した環境が良い。

自分の希望に合った求人を紹介してもらうために、「転職の目的」「キャリアプラン」「応募求人の条件」を整理して、必ず本音で転職エージェントに伝えましょう。

当サイト編集担当当サイト編集担当

転職エージェントとの面談は、採用試験ではありません。

「残業したくない」「朝はゆっくり出勤したい」「土日は必ず休みたい」など、マイナス印象を与える内容であっても、転職エージェントとの面談は採用試験ではないので、マイナス評価になることはありません。
むしろ、あなたの希望にマッチした求人を探してくれるので、あなたにとってプラスしかありません。

応募企業の情報について、転職エージェントから情報収集する

例えば、ITエンジニアの場合、他の職種とは異なり、人材育成について企業がどのように考えているかが、あなたのキャリアプランに大きく影響します。

  • ITエンジニアのキャリアプランを考え、人材育成を重視している企業の場合
    • 技術に特化したスペシャリストを目指すITエンジニアには、最新技術のプロジェクトにアサインする。
    • プロジェクトをコントロールしたいITエンジニアには、プロジェクトリーダーやマネージャーに挑戦させる。
    • 上流工程に携わりたいITエンジニアには、コンサルやプレゼン提案などに積極的にチャレンジさせる。
  • 人材育成より業績を優先させる企業の場合
    • 人員不足のプロジェクトや多忙なプロジェクトにアサインする。
    • いつまでも自分がやりたい業務ができない。
    • 同じような業務が続き、ITエンジニアとして成長できない。

転職エージェントでは、求人企業の採用担当者と連携を取り、募集の背景や業務内容など、さまざまな角度から情報収取しています。

入社後にミスマッチに気付いて、「入社前のイメージと違う」と思っても、後悔先に立たず。
あとで後悔するぐらいなら、納得できるまで転職エージェントから情報収集しましょう。

当サイト編集担当当サイト編集担当

給料や休日日数を気にする人は多いのですが、一番確認して欲しいのが人材募集の背景
企業が中途採用するには理由があります。

  • 新規事業の立ち上げのため、人員補充。
  • 業績好調により、人員補充。

などのようにポジティブな要因もありますが、

  • 過去に業績不振による大量リストラをしたため、人材が不足している。
  • 一斉に大量の退職者が出たため、急遽、大量募集している。
  • いわゆるブラック企業で離職率が高いので、常に中途採用している。

など、ネガティブな要因もあります。

大企業の場合はニュースになったりしますが、中堅・中小企業の場合、自分で調べる方法はありません。
転職エージェントに聞けば分かる話なので、人材募集の背景を確認するようにしましょう。

掲載している転職エージェントについて

下記の厳正な条件をクリアした転職エージェントのみ掲載しています。

条件1厚生労働省の職業紹介事業の認可を受けていること。
条件2IT求人を扱っている転職エージェントであること。
条件3キャリアアドバイザー(*)が転職支援サポートを実施していること。
    *転職エージェントにより、「アドバイザー」「コンサルタント」など名称は異なります。
条件4転職支援サポートは無料であること。
条件5プライバシーポリシー(個人情報保護方針)を策定していて、厳格な管理基準で個人情報を管理していること。